B4-S

cobra-cmder: Goの言語機能を活用したシンプルなCLIツール構成法

beginner
Short Session (20 min)

この講演では筆者が愛用するcobra-cmderというライブラリと共に構成するGoのCLIツールの開発手法について紹介します。cobra-cmderは既存の著名なライブラリであるspf13/cobraを利用していますが、リフレクションや構造体埋め込みといったGoの言語機能の活用によりCLIツールのシンプルな実装を実現していることが特徴です。グローバル変数やinit()を使わず、サブコマンド単位の共通のデータ変数・関数の管理やユニットテストが簡便であり、またサブコマンドの追加も既存コードの変更なしで可能という利点があります。筆者がこれまでに作成したCLIツールの事例とあわせて説明します。

講演で取り上げるライブラリ cobra-cmder および CLI ツール事例は次の場所にあります。