LT2

Go1.13以後のエラーハンドリングについて語ろう

beginner
LT (5 min)

これまでの error は、それがどこで発生したのか関数呼び出しを辿らなければ容易に判別できませんでした。Go1.13からは、標準パッケージ errors にスタックトレースを追うための機能が加わり、多くの Gopher がこの機能を使い始めます。本セッションでは、新しく追加された機能の紹介をし、その機能を使う上での注意点をお話しします。