All Articles

カンファレンス登壇への応募が初めての人のための"GoCon Tokyo 2019 Spring" Proposalの書き方

まもなく皆さんお待ちかねのGoCon Tokyo 2019 Springです。 カンファレンスでの登壇に憧れをいだきつつ例年参加できるかは抽選待ち……、という方も多いのではないでしょうか? この記事では、CfP(登壇者募集登録)の方法を見ていきましょう!

CfP登録手順

募集サイト

開いてみるといくつか重要そうな項目が並びます、

  • Schedule
  • Talk Type
  • Languages
  • Selection Criteria
  • Advice for outhors
  • Supplement

英語が苦手だと戸惑ってしまいますが、重要なのは

  • Languages
  • Selection Criteria
  • Advice for outhors

この3つです。(スケジュールとセッション時間は言うまでもなく確認するでしょう)

ポイントは、「日本語、英語どちらでもセッション登録が可能である」「締め切りまで何度でも編集が可能である」この2点です。

papercallの機能としてこのリンクのように自分自身のCfPを他人に共有することができるので、イケてないところを仲間内でブラッシュアップしていきましょう。

“Speak at Go Conference Tokyo 2019 Spring!”ボタンを押して登録を始めよう。

Speak button

ログインして、画面右下のSpeak…ボタンから登録を開始しましょう。

“I’m Attending!”ボタンは押さなくて大丈夫です。

書いてみよう

cfp-1

なんと言っても重要なのはTitleとElevator Pitchです。 わかりやすく言えば、

  • Title: 一行で魅力を伝えてくれ
  • Elevator Pitch: 三行で頼む

Elevator Pitchとは、偉い人とエレベーターで一緒になったわずかの間にお偉いさんを納得させる説明をするというようなニュアンスです。 20秒で魅力を伝えられる文章を書きましょう。 難しいです。

cfp-2

DescriptionとNotesは文字通り、詳細とレビュアーへのメモです。 注意点としては、 Talk自体を公開している間はNotesも公開情報 です。

cfp-3

3枚めはプロフ欄です。 私のプロフが写り込んでいますが、Bio以外迷うところはないかと。

Bioは直訳すると経歴ですが、要するに自己紹介アピールの場です。

以上

書き上がったら提出しましょう。 なぜかコードスニペットがうまく機能しないことがあるようなのでそこだけ注意しましょう。

再編集

cfp-4

Editボタンから再編集できます。 Archiveボタンを押すと、そのTalkはアーカイブされて提出されない?っぽいので気をつけましょう。

Proposalお待ちしています!

追記:papercallの機能として、TalkとSubmissionは別物です。 必ずsubmissionの日時を確認してください!