Go Conference

Room A

Intermediate

20 mins.

開発スピードの高速化とデプロイまでの時間短縮を可能にするトランクベース開発では、main branch を常に Production リリース可能な状態に保つ必要があります。開発段階であるがゆえに Production への反映を避けたい場合や、修正内容を Staging 環境で QAテストすることが必要な場合は、feature flag を用いた実装が必要です。feature flag とは、コードを変更せずにシステムの振る舞いを変更可能にする仕組みであり、主に環境変数やステータスを管理する外部サービスを通じて有効/無効を切り替えることができます。具体的には、flagの値に応じた分岐をあらかじめ実装することで、外部から入力されたfeature flagの値によってシステムの振る舞いを変えることができるようにします。

トランクベース開発での迅速な開発進行と同時にシステム品質を保証するためには、細かなQAプロセスが不可欠です。CIによるシステム的なチェックは必須ですが、それに加えて Staging 環境での QA も同様に非常に重要になってきます。これを実現するためには、適宜 feature flag を組み込んだ実装が必要になります。しかし feature flag の実装はコードを複雑化させるため、トランクベース開発においては長期間にわたる存在や同時に多数存在することは推奨されていません。したがって、QA で品質を保証しつつコードの複雑化を最小限に抑えるには、feature flag の迅速な組み込みと削除が必要です。しかし QA の品質を高めるためには頻繁に feature flag を組み込む必要があり、管理コストが増大するという課題があります。

この課題を解決するために、git diff で出力される Unified Diff 形式の差分情報から Go の抽象構文木(以下、AST) を構築し、AST の差分を利用して feature flag の自動計装を試みました。本セッションでは uber-go のリファクタリングツールである「gopatch」の内部実装を参考に、Unified Diffから有効なGoコードへの変換とASTの構築プロセスを通じて、適切なfeature flagの自動挿入方法を紹介します。参加者はこのセッションを通じて、Unified Diffを活用したツール作成のアイデアやfeature flagの効果的な活用方法を学ぶことができます。さらに、自動計装ツールの開発にこの知見を応用することが可能になります。

Shota Iwami

Shota Iwami

CyberAgent, Inc.

株式会社サイバーエージェント所属。普段はDX的なことをしています。 ドローンが好きです。 自動生成や自動計装周りに関心があります